【資産運用】IPO株投資が魅力的すぎる!ローリスクハイリターンなんて本当にあるの!?

セミリタイアを目指しているとり子です。

資産運用について情報発信しています。

 

IPO株投資というローリスクハイリターンな投資方法があることを知り、

実際にやってみました!

 

この記事では、私が調べた内容をまとめ、実際にやってみた感想や投資結果を公開します!

 

 

ローリスクハイリターンなIPO株投資とは?

IPOとはInitial Public Offeringの略で『新規上場株式』のことです。

 

IPO株投資とは、新規上場する株を買って上場日に売るのが基本的な戦略です。

 

もちろん、今後も大きく伸びていくと思うなら売らずに保有してもOK!

  

IPO株投資はなぜ人気があるの?

ずばり、高確率で儲かるから!

ローリスクハイリターンということ!

 

そんな良いことずくめの投資なんてあるの!?怪しい!!

と思いますよね。

 

なぜ高確率で儲かるのか?

それは、将来性があり人気のあるIPOの初値(上場して初めてつく株価)は、公募価格(上場前に買える株価)よりも高くなるから。

 

IPOは、その会社の事業内容に将来性があり今後に期待できる人気な銘柄ほど利益が出やすくなります。

 

過去の実績から考えると、8~9割のIPO株で利益が出ると言えます。

  

IPO株投資のデメリット

・当選確率が低い

IPO株を手に入れるためには抽選に当たらないと買うことができません。

買いたいときに買いたい株を好きなだけ買えるわけではないのです。 

ローリスクハイリターンという超魅力的な投資方法なのでライバルが多いです。

IPO株投資を年間を通して本格的にされている方でも当選するのは年に数回くらいのようです。

 

・資金が拘束される

当たるか分からないのに、

当たったときにその株を買うのに必要なお金を

事前に入金しておく必要がある証券会社が多いです。

 

・手間がかかる

申し込み開始日時、当選発表日時、資金拘束と解除のタイミングは、

証券会社によってばらばらです。

複数の証券会社で申し込むと

まとまったお金が必要になりますし、

申し込み作業、当選確認作業、入出金作業…

正直、手間と時間はかかります。 

 

当選確率をアップさせる方法

・複数の証券会社から申し込む

・主幹事の証券会社から申し込む

・平等抽選を行っている証券会社から申し込む

・抽選が有利になるポイントが貯まる証券会社(SBI証券)から申し込む

 

 

これまで投資をしたことがない初心者さんや

一般的な資金力の方が

IPO株投資で当選確率を上げるためには、

とにかくたくさん申し込むこと!

 

狙っている銘柄があれば、

その銘柄の取り扱いがある証券会社すべてから申し込むようにすれば

当選確率を上げることができます。

 

主幹事の証券会社から申し込むこともポイントです!

IPO公開準備から公開後までをとりしきる証券会社を主幹事と言います。

主幹事の証券会社は、

IPOの割当数が多くなるので、当選数も多くなります。

 

証券会社によって抽選方法に特徴があるので、IPO株投資初心者さんは、申し込んだ人に平等に当選の可能性がある『平等抽選』を行っている証券会社から申し込むようにすると良いようです。

 

SBI証券IPO株投資に特化したポイントシステムがあります。 

SBI証券HPから引用)

IPOチャレンジポイントとは

新規上場株式(既上場銘柄の公募増資・売出は除く)のブックビルディング後の抽選・配分に外れた回数に応じてIPOチャレンジポイントが加算されます。

次回以降のIPOお申し込み時に、IPOチャレンジポイントをご使用いただくことにより、IPOが当選しやすくなるSBI証券のポイントプログラムサービスです。

 

 

継続的にIPO株投資を行っていきたい方はSBI証券で取り扱いがあるときは必ず申し込むようにすれば将来的には当選の確立が大きくアップします。

 

ちなみに、証券会社のお得意様になると人気のあるIPOを優先的に紹介してもらえるようです。

しかし、お得意様=億単位でお金を持っているお金持ちですので、一般人にはこの方法は使えませんね(^^;)

 

IPO株投資は銘柄選びがだいじ!

IPO株投資はローリスクハイリターンですが

そうは言っても、全くリスクが無い訳ではありません。

 

【利益が出るパターン】

公募価格<初値

初値で売ると利益が出る

IPO株の8割くらい

 

【損失が出るパターン】

公募価格>初値

初値で売ると損失が出る

IPO株の2割くらい

 

損失が出るパターンの銘柄は

つまり人気が無いということですので、

抽選に申し込む人も少なく

当選する確率も高くなってしまいます。

 

やっと当選したのに

自分が当たった銘柄に限って損失が出る…

なんて残念なことになりかねません。

 

よって、

IPO株投資は当選できるかは運しだいですが、

利益を出るかどうかは運まかせではないということです。

 

IPO株投資といえども、

その会社について調べて事業内容や将来性を吟味したうえで投資をする価値があるかよく考えることが重要だと私は思います。

 

日本取引所グループ公式サイトの『新規上場会社情報』のページで

IPO銘柄の詳細情報が確認できます。

 

IPOに特化した情報を発信されている素敵なブログもたくさんありますので、

できるだけ手間をかけずに選別するならば

IPO』で検索してヒットしたブログを複数確認し、

評価が良かった銘柄だけ申し込むというのも1つの方法かと思います♪

 

銘柄選びだけは慎重に!!

 

IPO株の申し込み方法

証券会社によって違いはありますが、

画面に従って操作していけば大丈夫です。

1 ブックビルディング・需要申告に申し込む(抽選)

2 抽選結果を確認する

3 当選したら購入手続きをする

 

 

☆つまづきがちなポイント☆

ブックビルディング・需要申告は、

申込価格を仮条件の中から自分で選択する必要があります。

この申し込み価格が当選確率を左右するポイント!!

 

必ず1番高い値段で申し込みましょう!

 

そうしないと、自分より高い値段を指定した人に当選権を取られてしまいます。

 

「成行」(なりゆき)や「ストライクプライス」という選択肢がある場合は、

そちらを選択しましょう!

「どのような価格でも購入する」ということことです。

仮条件が申込期間中に引き上げになった場合に、

引き上げ後の上限価格で買うことになります。 

 

抽選に申し込んでみた!

申込銘柄

①コマースOneホールディングス(4496)

市場区分:東証マザーズ

事業内容:ECプラットフォーム関連

入金必要額:160,000円

とり子が申し込んだ証券会社:SBI証券

 結果:落選

 

②フィーチャ(4052)

市場区分:東証マザーズ

事業内容:画像認識ソフトウェア開発

入金必要額:52,000円(1つの証券会社ごとに必要)

とり子が申し込んだ証券会社:SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券楽天証券

 結果:落選

 

噂通り、そう簡単には当選しないということを身をもって証明できましたとさ(ノД`)シクシク

 

補欠当選って???

SMBC日興証券の抽選結果お知らせを見ると、

こんなことが書いてありました。

 

f:id:hatarakitakunai30:20200620182535p:plain

 

調べてみると、

補欠当選の場合、繰り上げ当選することはあるようですが、

SMBC日興証券では当選した人以外は全て補欠当選と表記しますので、

ほぼほぼ落選と考えたほうがいいということのようです(^^;)

 

IPOの取扱いがあるおすすめ証券会社

 SBI証券

IPOの取扱数が多い

IPOチャレンジポイントを貯めると当選確率がアップ

・同一資金で複数銘柄に抽選申込可

・口座開設数が多いためライバルも多い

  

大和証券

・主幹事を務める回数が多い

・同一資金で複数銘柄に抽選申込可

 資産運用×ネット取引をスマートフォンで快適に。 | 大和証券

 

SMBC日興証券

・主幹事を務める回数が多い

・抽選申込時に銘柄ごとに資金が必要

 ダイレクトコースの魅力│SMBC日興証券

 

楽天証券

・100%平等に抽選

・抽選申込時に銘柄ごとに資金が必要

 楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)

 

マネックス証券

・100%平等に抽選

・抽選申込時に銘柄ごとに資金が必要

 

野村証券

・主幹事を務める回数が多い

・抽選申込時は資金不要

 野村證券 | 野村證券が選ばれる3つの理由

 

SBIネオモバイル証券

ひとかぶIPO

・1~99株単位で申し込める

・若年優遇あり:20代、30代の方が当選しやすい

・取引継続優遇あり:ネオモバの取引状況に応じて当選確率が高まる

・Tポイントは利用不可

・抽選申込時に銘柄ごとに資金が必要

 

まとめ

IPO株投資はローリスクハイリターン

・抽選で当選しないと購入できない

・当選確率を上げるためには複数の証券会社から申し込む必要がある

・おすすめする人:手間と時間をかけられる人

・おすすめしない人:セミリタイアを目指している最中の人

 

セミリタイアには向きませんが非常に魅力的な投資方法だと思います。

 

人気の投資方法だからこそ当選できないんですよね。

 

本格的にIPO株投資に挑戦したい方はたくさんの証券会社の口座開設を一度にまとめて行うことをおすすめします。

 

口座開設は本人確認書類の提出や簡易書留の受け取り等が必要ですので、

やるならまとめてしまった方が楽ですよ(^^♪

 

 

ローリスクではないですが、運任せではないハイリターンな資産運用を探している人に私も運用しているトライオートETFやトラリピをおすすめします。

  

私がセミリタイアに必要な資産を築くために行っている資産運用はこちら! 

セミリタイア向けの資産運用①:トライオートETF

セミリタイア向けの資産運用②:トラリピ