【鳥さん】毎日の健康チェックは飼い主さんにしかできません!鳥さんのココを見よう!

鳥さんのお医者さんをしていた獣医師とり子です。

動物病院での勤務経験と獣医師としての知識を生かし

鳥さんと飼い主さんの幸せにつながる情報を発信しています。

 

インコ、オウム、フィンチなどの鳥さんの飼い主さんに向けて

健康チェックにおける重要なポイントをリストにしました♪

 

毎日一緒に過ごす飼い主さんでないと気づけないような

ささいな変化が鳥さんの不調に気づくためにはとても重要です!

 

ちょっとしたことでも、病気をいち早く見つけるきっかけになることがありますので、

毎日、鳥さんの様子をしっかりと観察してあげてくださいね!

 

これは飼い主さんにしかできません!

大切な鳥さんのために毎日欠かさずチェック!

 

 

【毎日の健康チェック】

元気

f:id:hatarakitakunai30:20200704224205p:plain

元気はありますか?

いつもより元気がないように見える、

おしゃべりやさえずりが少ない、

日中の寝ている時間が長い、

といった様子があれば、具合が悪いのかもしれません。

 

鳥さんは具合が悪くても、元気な振りをします。

それを隠しきれていないということは、飼い主さんが思うよりも調子が悪い可能性がありますので、要注意です。

 

逆に、飼い主さんに構ってほしくて具合が悪いふりをする子もいます。

鳥さんは小さくても本当に頭がいいので、この場合には飼い主さんの見る目が問われますね(^^;)

 

食欲

f:id:hatarakitakunai30:20200704224231j:plain

十分にごはんを食べていますか?

シードの皮をむいているだけ、ペレットを砕いているだけなど、

食べているふりをすることもあります。

本当にごはんが減っているか、体重の変化と合わせてチェックしましょう。

 

便(重要!!)

f:id:hatarakitakunai30:20200704224258p:plain

鳥さん本人のことはよく見ていても、便の変化を見逃してしまうケースが結構あります。

毎日、意識して便を確認しましょう!

・便は十分な数が出ていますか?(セキセイインコさんであれば、最低でも25個以上)

・便の大きさに変化はありませんか?

・便の色に変化はありませんか?

・下痢はしていませんか?

・便につぶつぶが混じっていませんか?

・便と一緒に出てくる尿の量や色に変化はありませんか?

(尿には白い液状の尿酸と透明な液体の水分尿の2種類があります)

 

見た目

見た目で何か変化はありませんか?

目、鼻、くちばし、顔全体、羽、足、おなか、おしり、体全体を見てみましょう。

f:id:hatarakitakunai30:20200704231553p:plain

f:id:hatarakitakunai30:20200704224340p:plain


 

 

行動

歩き方や飛び方に変化はありませんか?

体のどこかを気にしている、かゆがっている、痛そうにしている様子はありませんか?

羽をいじったり、抜いたりしていませんか?

 

鳴き声に変化はありませんか?

声が変だったり出しにくそうな様子はありませんか?

 

呼吸

呼吸はいつもどおり落ち着いていますか?

苦しそうに口を開けて呼吸(開口呼吸)をしていませんか?

をしていませんか?

呼吸に合わせて尾が上下していたら、「テイルボビング」という呼吸が苦しいというサインです。

呼吸の異常が安静時でも続いてみられるようであれば病院へ連れて行ってあげてください。

鳥さんに呼吸の異常が見られた場合、急に亡くなるケースも少なくありません。

少しでもおかしいと思ったら病院へ連絡し指示を仰ぎましょう

 

発情兆候

発情兆候がありませんか?

詳しくはこちらの記事を見てくださいね。

 

hatarakitakunai30.hatenablog.com

 

体重変化(できれば毎日、最低でも週1回チェック)

詳しくはこちらの記事を見てくださいね。

  

hatarakitakunai30.hatenablog.com

 

 

とり子は、鳥さんが大好きで、すべての鳥さんの健康と幸せを願っています。

そうした思いから、ネット上で鳥さんに関する情報を発信しています。

 

心配なことがあれば、コメント欄や問い合わせフォームから、

まずはとり子にご質問いただいくのは全く問題ありません。

 

現在、診療を生業としておりませんので診察はできませんが、

あくまで個人的なアドバイスであればお答えできます。

 

ただし、ネット上でのご相談では、最終的には

「かかりつけの獣医さんに連れて行ってください」としか案内ができません。

お話や写真、動画だけでは正確に状態が把握できないため、

絶対大丈夫とは言い切れないからです。

 

以前勤めていた病院でも、

飼い主さんから電話でのご相談があり、

「話を聞くぶんには大丈夫そうだけど念のため来院してください」とご案内したときでも、

来院してもらって実際に様子を見ると危険な状態であることも少なくありませんでした。

 

実際に見て、触って、診察ができないと正確なことはお話できませんので、

ご理解のほどお願いいたします。