【鳥さん】グリッドインパクションについて【塩土やボレー粉に注意】

f:id:hatarakitakunai30:20210624132129p:plain

鳥さんのお医者さんをしていた獣医師とり子(@tousibenkyou)です。

動物病院での勤務経験と獣医師としての知識を生かし、鳥さんと飼い主さんの幸せにつながる情報を発信しています。

 

本記事では、グリッドインパクション(胃閉塞)についてお伝えします。

 

グリッドインパクションは、胃の中に砂(グリッド)が貯まり、通過障害を起こし、吐き気や嘔吐等が生じる病気です。

予防方法等についてお伝えしますので、愛鳥が病気にならないよう注意してあげてください。

 

 

グリッドインパクションとは?

胃の中に砂(グリッド)が貯まり、吐き気嘔吐などの症状が起こる病気です。

 

グリッドとは、鳥の胃(筋胃、すなぎも)の中の物理的な消化をするため砂のことです。

餌を丸呑みする鳥類は、胃の中でグリットにより餌をすり潰しています。

 

このグリッドは、消化に必要なものですが、大量に食べすぎてしまうと胃の中にぱんぱんに貯まり、「グリッドインパクション」という病的な状態になります。

 

小型のオウム類での発生が多く、特にコザクラインコボタンインコオカメインコに多くみられます。

 

原因

グリッドとなるもの

  • 塩土
  • ボレー粉
  • カットルボーンの硬い部分
  • ペレットに含まれる炭酸カルシウムの粒
  • 砂浴び用の焼き砂
  • サンドパーチの砂
  • 植木鉢の土など

 

塩土やボレー粉などのグリッドになるものを、急激に大量に食べてしまうことでグリッドインパクションを起こします。

 

症状

  • 吐き気・嘔吐
  • 食欲がなくなる
  • 元気がなくなる
  • 羽を膨らませる(膨羽)
  • 絶食便(食べ物を食べていないときに出る濃い緑色のべちゃっとした便)

 

検査

レントゲン検査でグリッドが胃の中に大量に貯まっていることを確認し診断します。

 

単純なレントゲン検査で写らない鉱物飼料以外の異物の場合は造影剤を飲ませてレントゲン検査をするケースもあります(グリッドインパクションではなく異物による胃閉塞の場合)。

 

治療

グリッドになるものの給与をやめます。

 

食事として、種子(シード)をやめ、流動食を与えます。

 

自力で餌を食べられる状態であれば、エンバク(オーツ麦)ペレットを食べさせます。

 

体力を維持しながら、自然にグリッドがすりつぶされ流れていくのを待ちます。

貯まっているグリッドがボレー粉の場合は1日待てば自然に溶け、流れていきます。

 

貯まっているグリッドが細かい粒の場合は、胃粘膜保護剤、消化器機能調整剤、潤滑剤を使用し、腸へ流れ出ていくように治療を行います。

 

排泄や溶解が難しい大きなグリットの場合は、手術で胃を切開し、外科的にグリットを摘出するケースもあります。

 

予防

予防方法は、グリッドとなるもの※を、急に食べすぎないようにすることです。

 

グリッドインパクションを起こした鳥さんは、再度起こす可能性が高いため、グリットは与えないようします。

 

※グリッドとなるもの

  • 塩土
  • ボレー粉
  • カットルボーンの硬い部分
  • ペレットに含まれる炭酸カルシウムの粒
  • 砂浴び用の焼き砂
  • サンドパーチの砂
  • 植木鉢の土など

 

特に塩土は、食べ過ぎると塩分の取りすぎにもなりますので、与えないことを推奨します。

 

推奨できる鉱物飼料は、カットルボーンの柔らかい部分です。

 

終わりに

グリッドインパクションは、予防できる病気です。

愛鳥のために正しい知識を持ち、グリッドになるものを、食べすぎないように気を付けてあげましょう。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の記事は以下のリンクからご参照いただけます幸いです。

 

記事一覧

鳥さん関連の記事一覧

 

Twitterでも情報発信しています。お気軽にコメントやメッセージでご質問ください。

@tousibenkyou