【セミリタイア】セミリタイアとアーリーリタイアのどっちが良い?2種類のリタイアの違いとメリット・デメリットを解説

f:id:hatarakitakunai30:20210114184904p:plain

こんにちは、とり子です。

私はセミリタイアを目指しています。

 

「働かない生き方」には誰しも憧れますよね。

あなたは「セミリタイア」と「アーリーリタイア」の違いをご存じですか?

 

この記事では

セミリタイアとアーリーリタイアの違い

セミリタイアのメリット・デメリット

・アーリーリタイアのメリット・デメリット

を解説します。

 

この記事を読めば、

あなたにセミリタイアとアーリーリタイアのどちらが向いているのかが分かります!

 

 

セミリタイアとアーリーリタイアの違い

セミリタイアとアーリーリタイアの違いは「リタイア後に働く必要があるかどうか」です。

 

セミリタイアは、リタイア後に働かなければいけません。

生きていくためのお金が足りないからです。

 

アーリーリタイアは、リタイア後に働く必要はありません。

生きていくために必要なお金は、不労所得で足ります。

働いても働かなくてもよい状態です。好きな仕事をすることはできます。

 

これだけ見ると、アーリーリタイアの方が良さそうですよね。

でも、そうとは言い切れません。

まずはセミリタイアとアーリーリタイアそれぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

 

セミリタイアのメリット・デメリット

メリット

・アーリーリタイアより必要な資産が少ない

・リタイア達成までの期間が短くて済む

・平均的な収入の人でも頑張れば達成できる

・外へ出て働けば人との関わりがもてる

・実現難易度が低い

・精神的自由

・時間的自由

 

 

デメリット

・リタイア後も働かなくてはいけない

・周囲の理解を得にくい

・社会的信用が下がる

・孤独に耐えられない可能性がある

・暇に耐えられない可能性がある

 

アーリーリタイアのメリット・デメリット

 

メリット

・リタイア後に働かなくてよい

・精神的自由

・時間的自由

 

デメリット

・大きな資産が必要

・リタイア達成までの期間が長くなる

・周囲の理解を得にくい

・社会的信用が下がる

・孤独に耐えられない可能性がある

・暇に耐えられない可能性がある

・頑張っても達成できない可能性もある

・実現難易度が高い

 

 

セミリタイアとアーリーリタイアのどっちが良い?

 

セミリタイアとアーリーリタイアのメリット・デメリットをまとめました!

 

f:id:hatarakitakunai30:20210114190509p:plain

 

セミリタイアとアーリーリタイアはどちらが良いでしょうか?

そしてあなたはどちらも選ぶべきでしょうか?

 

セミリタイアもアーリーリタイアも、精神的・時間的自由が得られます。

 

その反面、ふつうの人より早くリタイアをする以上

・周囲の理解を得にくい

・社会的信用が下がる

・孤独に耐えられない可能性がある

・暇に耐えられない可能性がある

というデメリットが共通して存在します。

 

セミリタイアは、孤独や暇に耐えられないのであれば、外へ出る仕事を選べば解決できますね。

 

セミリタイアとアーリーリタイアの大きな違いは

・リタイア後に働かなければいけないか

・達成するのに必要な資産と時間=実現難易度

です。

 

セミリタイアではリタイア後も働かなければいけませんが、好きな仕事を選べばそこまで大きなデメリットとは言い難いでしょう。むしろ人との関わりを持つことができメリットに感じる人もいるはずです。

 

セミリタイアとアーリーリタイアを選ぶ最重要ポイントは実現できるかどうかです。

 

難易度は明らかにセミリタイア<<<<<アーリーリタイアです。

 

ふつうの人にとってはセミリタイアの方が達成しやすいでしょう。

 

アーリーリタイアを達成するのは大変です。

高収入と若いときからの努力が必要となります。

 

セミリタイアであれば、数年~数十年の努力を続ければ、ふつうの人でも達成できるでしょう。

 

結論:セミリタイアの方が達成しやすい!!

 

メリット・デメリットをどう感じるかは人それぞれです。

実現難易度もその人の環境によって違ってくるので、あなたにはどちらが合っているのか、あなたの資産状況と今後のライフプランをよく考えてみてください。

 

まとめ:セミリタイアとアーリーリタイアの違い

 

まとめ 

セミリタイアは必要な資産が少なくリタイア達成までの期間が短くて済む

・アーリーリタイアは大きな資産が必要で頑張っても達成できない可能性もある

 結論:セミリタイアの方が達成しやすい

 

セミリタイアはリタイア後も働かなければいけません。

しかし、仕事は自分の好きなことをすればいいのです。

 

セミリタイアをすると人と関わる機会が少なくなります。

むしろ働くことはメリットにもなり得ると思います。

 

セミリタイアなら頑張れば何年か先には実現できるかもしれません。

現実的な目標だからこそ、今つらくても頑張ることができます。

セミリタイアを目指すことで明るい未来が見えるようになりますよ!

 

一緒にセミリタイアを目指しませんか?

 

セミリタイアを目指したいと思ったら資産運用が必須です。

 

セミリタイア向けの資産運用についてはこちらの記事をご覧ください。

セミリタイア向けの資産運用①:トライオートETF

セミリタイア向けの資産運用②:トラリピ