【投資が初めての人へ】セミリタイア向き資産運用の始め方

f:id:hatarakitakunai30:20210223162731p:plain

セミリタイアを目指しているとり子(@tousibenkyou)です。

セミリタイア向き資産運用」により安定した不労所得が得ることで資産を拡大させています。

 

投資が初めての人にとって、

「資産運用って怪しくないのかな?損をしたらどうしよう」

「何から始めればいいのか分からない」

と不安に感じると思います。

私もそうでした。

最初の一歩を踏み出すには大きな勇気が必要です。

 

この記事では、「投資が初めての人」に向けて「セミリタイア向き資産運用の始め方」を手順に沿って丁寧に解説します。

初心者さんでもできるだけ失敗を少なくできるように、私の経験を詰め込んでまとめました。

 

資産運用により不労所得を得られると、仕事に縛られることなく自由な人生を目指すことができるようになり、仕事のつらさも軽くなります。

 

一緒にセミリタイアを目指しましょう。

 

 

セミリタイア向き資産運用の始め方

セミリタイア向き資産運用の始め方の手順を丁寧に解説します。

失敗を避けて、不労所得を得られるよう、順番に取り組んでいきましょう。

 

ゴールを決めて計画を立てる

まず最初にゴールを決めることが大切です。

無計画に「とにかくお金を増やせばよい」という考えではセミリタイアを達成できません。

 

セミリタイア向き資産運用は自分でリスクとリターンを調整することができます。

ゴール(目標金額)を決めて、多めにリスクを取る期間は限定して資産を増やし、セミリタイアを達成したらリスクを下げて運用していくことが理想です。

 

資産運用にはリスクが伴います。

やみくもにお金を増やすのではなく、自分がいくら必要なのか考えながら運用しましょう。

 

そのためには、まず「あなたがセミリタイアするにはいくら必要か」(目標金額)を計算します。

計算方法はこちら:セミリタイアするにはいくら必要?

 

目標金額を決めたら、目標を達成するために資産運用の計画を立てましょう。

 

計画を立てるために必要な項目

  • 利回り
  • 初期投資額
  • 毎月の積立額
  • 積立期間

 

利回りは資産運用の種類とリスクの大きさで変わります。セミリタイア向き資産運用であれば、その年の相場によっても変わりますが、だいたい10~20%を目指すことができます。

 

利回りはどれくらいにすれば良い?

  • 利回り10%:セミリタイア向き資産運用で十分に期待できる利回り
  • 利回り15%:ややリスクを高めにして運用すれば達成可能な利回り
  • 利回り20%:ハイリスクで運が良ければ達成できる利回り

 

以下のサイトのシミュレーションツールが使いやすく便利です。

http://www.am-one.co.jp/shisankeisei/simulation.html

 

(例)目標金額2000万円

以下の条件で複利運用すれば約5年で目標を達成できます。

・利回り:15%

・初期投資額:500万円

・毎月の積立額:10万円

・積立期間:5年2か月

  

 

セミリタイアできる明るい未来を想像しながら具体的なプランを立てましょう!

ゴールを数値化するとセミリタイアが現実的に見えてきて頑張る気力もわいてきますよ!

あなたの状況に合わせてあなたのプランを立ててみましょう。

 

資産運用を始めるお金を準備する

資産運用には「資産運用を始めるための元手となるタネ銭」と「毎月の積立」が必要です。

 

効率的によりスピーディーにお金を増やすために、資産運用を始める前に「支出の見直し」も行っておきましょう。

 

参考記事:セミリタイアの始め方

 

資産運用を1つ選ぶ

資産運用を始めるときは、最初は1つだけ選んで集中して運用しましょう。

早くお金を増やしたくても、無理は禁物です。

最初は資産運用自体に慣れることが大切です。

自分のお金が働いてお金を生み出してくれることを経験し、運用に慣れてきてから種類を増やしていきましょう。

 

こちらの記事で「セミリタイア向き資産運用」をおすすめ順に紹介しています。

 

最初の資産運用として1番おすすめなのはトライオートETFです。

理由は30万円程度で始められて比較的すぐに利益を得る経験ができるからです。

 

少額で運用を開始する

最初は資金に余裕があっても、少額で運用を始めましょう。

練習期間だと考えて、30万円くらいで始めるのがちょうどよいです。

 

運用に慣れてから投資元本を増やしいけば大丈夫です。

お金を増やしたくても、焦りは禁物です。

操作方法やリスクの取り方を身をもって学んでから、運用金額を増やしていきましょう。

 

元本が少ないと得られる利益も少なくなりますが、利回りは分かります。

利回りが分かれば、投資元本をいくらにすると利益がいくらになるか計算することができます。

焦らず常に気持ちにゆとりを持って計画的に資産運用を進めていきましょう。

 

焦ってリスクを取り過ぎると、資産をほとんど失うなんてことも起こり得ます。

ネット上には好成績を公開している人がたくさんいて、自分を同じように利益を出したいと感じると思いますが、自分のレベルに合わせて着実に前進した方が、最終的に手元に残る利益は大きくなります。

 

また、資産運用は貯金と違ってすぐに現金化できません。

正確にはタイミングによっては元本割れしてしまうことがあるので現金化しにくいと言えます。

資産運用は必ず「余裕資金」で行うのが鉄則です。

 

運用資金を増やすときは、そのお金が「余裕資金」かしっかりと考えてから運用に回しましょう。 

「余裕資金」とは、無くても生活に困らないお金のことで、貯金は別で取っておく必要があります。

 

貯金をどれくらいとっておく必要があるかは人によって違います。

子どもがいる、親の介護が必要になりそうなど家庭環境が違うからです。

 

私は安定した給料が毎月得られて、大金が必要になる予定もなく、仕事を辞めても最悪実家に帰れば生活はしていけるため、貯金は少なく多めに資産運用に回しています。

貯金として残している現金は、生活費の数か月分と相場の急変時に追加入金するためのお金で150万円以上は残すようにしています。

 

資産運用に回したお金は引き出せないと思って、無くても生活していくことができるお金だけを資産運用に使いましょう。

 

運用に慣れる

まずは選んだ資産運用を少額で始めて運用に慣れていきましょう。

最初は既に利益を出している人の真似をすることから始めてみましょう。

 

当ブログでも以下の記事でおすすめ設定を公開しています。

トライオートETF

トラリピ

 

 

運用を始めたら、最低2か月間は1つの資産運用に集中して、じっくりと運用を行いましょう。

最初は勉強することがたくさんあります。

 

自分のお金がどのように動いて、どのように利益を出すか、運用状況を確認しながら勉強していきましょう。

2か月間運用すれば、その資産運用について、ひととおりのことが分かるようになっているるはずです。

成績を見ながら、今後の設定について自分なりに考えて、必要に応じてメンテナンスも行いましょう。

 

ここまでできたら、次の資産運用を始めたり、運用額を増やしていっても大丈夫です。

 

資産運用の種類を増やす

最初に選んだ資産運用に慣れてきたら、資産運用の種類を増やしていきましょう。

 

1つ目の資産運用でお金を運用することには慣れていますし、知識も増えているので、2つめの資産運用に慣れるのは早いと思います。

 

2つ目の資産運用は、1つ目と投資先が異なるものを選ぶとリスクの分散になるというメリットがあります。

 

1つ目がトライオートETFでナスダック100トリプル(米国株)に投資したのであれば、2つ目はトラリピなどのFXで違う国の外貨に投資するなど、投資先を分散させていくと良いです。

 

徐々に種類と運用額を増やして、自分の目標に近づいていきましょう。

 

複利運用する

資産運用の利益は複利運用すると資産の増え方が大きくなります。

 

複利運用とは、運用で得た利益を投資元本として再投資することで利益が利益を生む運用方法です 。

複利運用の効果は絶大で、雪だるま式に資産を増やすことができます。

 

<100万円を年利10%で30年間運用したときの資産推移>

単利と複利のお金の増え方の違い

単利と複利のお金の増え方の違い

 

複利運用では期間が長くなるほど爆発的に資産が増えることが分かります。

20年後には資産額に2倍の差が出ます。

 

セミリタイア向き資産運用でもこの考え方は同じです。

利益が出たら、生活費に使うのでなく、投資元本としてお金をがんがん回していきましょう。

 

リスクを調整しながら運用を続ける

セミリタイア向き資産運用はリスクを調整することができます。

あなたの状況に合わせてリスクを調整しながら運用を続けましょう。

 

  • セミリタイアを目指し始めて資産が増えるまではハイリスクハイリターン
  • 資産が大きくなってゴールが近づいてきたらミドルリスクミドルリターン
  • セミリタイアを達成したらローリスクローリターン

にするといった具合です。

 

運用していれば自然とスキルが身に付くので、自分で考えてリスクを調整することができるようになります。

 

リスクの大きさが異なる複数の資産運用を行い、バランスを取るのも良いですね。

あなたの資産を守りながら増やし続けるためにリスク調整能力が重要です。

 

資産運用に失敗しないための心構え

初心者さんにとって重要な心構えをお伝えします。

ネット上には利益を出すための方法については情報があふれていますが、初心者さんにとって「技術」や「方法」よりも、資産運用を行うために前提となる「心構え」の方が重要です。

経験者が語る生の声です。資産運用での失敗を避けるために、ぜひ参考にしてください!

 

リスク管理を徹底する

資産運用で1番大切なことはリスク管理です。

リスク管理とは、必要資金を計算して把握し、リスクの大きさを理解したうえで運用することです。あらかじめショック相場がいつ起こっても大丈夫なようにリスク管理をする必要があります。

トラリピやトライオートETFであれば、必要資金とロスカットレートを把握する必要があります。

リスク管理ができていないと、長年コツコツ積み重ねた利益も一瞬で失うことがあります。

「コツコツドカン」と表現されます。失敗する人がそれだけ多いということです。

目先の利益に捕らわれず、自分の資金に合わせた運用を行うことを肝に銘じましょう。

 

自分で考えて運用する

資産運用は利益を出している人の設定をそのまま真似すれば同じよう利益を出すことができます。最初はそれでOKです。

しかし、ずっとこのスタンスでは知識や技術が身に付かず、自分の状況に合わせてリスクを調整することができません。また、ショック相場が発生した時に自力で対応することができず、大きな損失を出しかねません。

運用しながら自分で考えるくせをつけましょう。

そうすれば、数か月後には自分で考えて運用することができるようになります。

 

含み損とうまく付き合う

資産運用はマイナスになることがあります。

セミリタイア向き資産運用は「含み損」と言う一時的に損失が出た状態と常に付き合う必要があります。

資産運用を始めたばかりの時期は利益が少ないため、トータルで見るとマイナスになり、不安に感じるかもしれません。

しかし、「含み損」は未来の利益の種です。

目先の値動きにとらわれず最終的に大きく利益を出すことを心がけて運用を行いましょう。 

 

ハイリターンを追い求め過ぎない

運用に慣れてくると「もっと利益を大きくできないかな」と感じるようになるかもしれません。

相場が落ち着いているときは、急に含み損が大きくなったり、安全性に問題を感じることが少ないため、「もっとリスクを大きくしても問題無なさそう」と感じがちです。

 

しかし、それは間違いです!!

特にコロナショックなどのショック相場を経験したことがない人は要注意です。

ショック相場を体感していないと理解しづらいのですが、ショック時にはあっという間に利益が吹き飛ぶなんてことも起こり得ます。

 

ショック相場を想定したリスク管理をして、日頃は物足りないと感じるくらいがちょうど良いです。

リターンの大きさが適正かどうか判断するためには利回りを計算してみましょう。利回り10~15%くらいがちょうどよいと思います。

 

利回りが20%を超えていたら少しリターンが大きすぎるかもしれません。

原因を考えてみて、たまたま相場が良かったからであれば問題ありません。

リスクを取り過ぎていないか一度立ち止まって考えることが大切です。

常にリスクが大きくなりすぎていないか考えながら、長い目で見て利益が大きくなるように運用を続けましょう。

 

分散し過ぎない

資産運用は基本的に分散投資が推奨されます。

しかし、セミリタイアを目指し資産を拡大することが目的であれば、分散しすぎると効率が悪くなります。

多少のリスクを取ってでも資産を早く大きくしたいセミリタイアを目指す人に適した運用方法は集中投資です。

私はトライオートETFとトラリピの2つをメインとして資産を集中させています。 

 

資産運用の勉強や情報収集はブログとTwitterを活用しよう

ネット上には有益な情報を発信している方がたくさんいます。

資産運用を始めるときの勉強はブログ、運用を始めたらTwitterを活用すると知識の成長スピードがアップします。

Twitterには資産運用を行っている人がたくさんいます。

相場に合わせた情報発信をしているツイートはとても勉強になると思います。運用実績を公開している人もいるので比較することでき参考になります。

また、資産運用の話はリアルな知り合いにはなかなか話しづらいので、交流や相談などもできるというメリットがあります。

 

まとめ

セミリタイア向き資産運用をこの記事の手順に沿って始めて、自分で考えながら運用していけば、初心者さんでも不労所得を得ることは難しくありません。

 

不労所得を得る仕組み作りができればセミリタイアが現実的になり、仕事のつらさも軽減され明るい未来が見えてきます。

 

一緒にセミリタイアを目指し頑張っていきましょう。

 

これから資産運用を始めるなら1番最初はトライオートETF、運用に慣れてきたら次にトラリピに挑戦するのがおすすめです。比較的すぐに不労所得を得る経験を積むことができます。

 

最後までご覧いただきありがとうございました(*^-^*)

 

Twitterでも情報発信しています。

獣医師とり子@セミリタイアを目指す (@tousibenkyou) | Twitter

セミリタイアまで情報交換や交流していただけるお友達募集中です♡