【鳥さん】ネクトンの与え方【シード食ならネクトンを併用しましょう】

f:id:hatarakitakunai30:20210422155934p:plain

鳥さんのお医者さんをしていた獣医師とり子@tousibenkyouです。

動物病院での勤務経験と獣医師としての知識を生かし、鳥さんと飼い主さんの幸せにつながる情報を発信しています。

 

本記事では、鳥用のサプリメント ネクトンについてお伝えします。

 

ネクトンは、鳥用のサプリメントとして有名で多くの愛鳥に使用されており、動物病院でもよく処方されています。

シードが主食の鳥さんにはネクトンの併用をおすすめします。

 

ネクトンの与え方や保存方法について紹介しますので、鳥飼いさんの参考にしていただけると幸いです。

 

 

【鳥さん】ネクトンの与え方【シード食ならネクトンを併用しましょう】

ネクトンは、鳥用の栄養補助食品(サプリメント)です。

ビタミン、アミノ酸、ミネラルなど鳥に必要な栄養成分がしっかりと含まれています。

こうした栄養成分は、シードのみの食事だけでは不足してしまいます。

ネクトンを与えることで足りない栄養を補うことができます。

シードを主食にしている場合は必ずネクトンSなどの栄養補助食品を併用してくださいね。

 

勤めていた病院の鳥さんの食事は、主食がキクスイのシード+飲み水にネクトンを混ぜていました。

ネクトンは信頼できる商品で、多くの動物病院で使用されています。

 

ネクトンには、ビタミンだけでなくミネラルも含まれており、ヨードが不足するおそれもなくなり、病気の予防にもなります。

 

ただし、総合栄養食であるペレットを主食としている場合はネクトンは不要です。

併用するとビタミン過剰症を引き起こすおそれがあるため注意が必要です。

 

ネクトンの種類と使い分け

ネクトンには、S、BIO、MSA、B、E、Qなど、たくさんの種類があり、状態に合わせて使い分ける必要があります。

 

SとBIO以外は、鳥さんの症状に合わせてかかりつけの先生に処方してもらい、指示とおりに使用するようにしてください。

 

ネクトンS(エス

健康な鳥さんで一般的に必要になるのがネクトンSです。

日常使いできる鳥用のシンプルな総合ビタミン剤だと考えてください。

水溶性で飲み水に混ぜて与えることができます。

 

ネクトンBIO(バイオ)

換羽期用や成鳥期用のネクトンです。

鳥類の正常な羽毛発育促進の為に調整されています。

換羽期は、羽を作り出すための栄養が多く必要になります。

そんなときに役立つのが換羽期用のネクトンであるBIOです。

日常使いとしてネクトンSを使い、換羽期はBIOに切り替えましょう。

水溶性で飲み水に混ぜて与えることができます。

 

ネクトンMSA(エムエスエー)

カルシウム、リン、ビタミンD3、アミノ酸など産卵期に必要な栄養に特化した配合の栄養補助食品です。

水溶性ではありませんので飲水投与はできません。

 

ネクトンB-KOMPLEX(ビーコンプレックス)

ビタミンB群を特別に配合した栄養補助食品です。

ビタミンBを補う必要がある症状が見られたときに処方されます。

水溶性で飲み水に混ぜて与えることができます。

 

ネクトンE(イー)

ビタミンEを主とする繁殖期用の栄養補助食品です。

繁殖能力促進効果があるため、飼い主さん独自の判断での使用は避けてください。

水溶性で飲み水に混ぜて与えることができます。

 

ネクトンQ(キュー)

投薬治療中の体力維持、抵抗力維持、免疫力維持を目的に配合された栄養補助食品です。

水溶性で飲み水に混ぜて与えることができます。

 

投与方法 

ネクトンは種類によって投与方法が異なります。

 

S、BIO、B、E、Qは水溶性ですので飲み水に混ぜて与えることができます。

餌に振りかける方法でも投与可能ですが、飲み水に混ぜて与える方法の方が摂取量が安定するためおすすめです。

 

MSAは水溶性ではありませんので、飲み水に混ぜる方法で与えることができません。餌に振りかけて与えてください。

 

基本的に、病院で処方された場合は、獣医師の指示とおりに与えてくださいね。

 

 

<飲み水に混ぜる方法>

水250mlにネクトン1gを混ぜて与えてください。

 

鳥さんの1日の飲水量はある程度決まっているため、水とネクトンの割合を守れば、量は増やしても減らしても大丈夫です。

(病気で多飲の場合は獣医師に相談してください)

 

(与え方の例)

  • 水50mlにネクトン0.2g
  • 水25mlにネクトン0.1g

 

おうちの水入れのサイズに合わせて調整してあげてください。

 

ネクトンを混ぜると水が傷みやすくなるので、できれば1日に2回、お水を交換してあげましょう。

 

<餌に振りかける方法>

餌に振りかける方法だと鳥さんの口の中に入る量にばらつきが出るため、個人的には飲水投与をよりおすすめします。

 

獣医師に餌に振りかける方法を指示された場合は、指示とおりに与えてください。

 

振りかける量は鳥種(体重)によって変わります。

小型鳥であれば、人間用のみみかきのひとさじくらいを餌に振りかければ良いです。

 

保存方法

ネクトンは湿気ですぐに傷んでしまいます。

開封方法と保存方法に注意が必要です。

 

開封方法>

開封時は、アルミフィルムを全て剥がさないように穴を開けることをおすすめします。

アルミフィルムの外周の部分を剥がすと、保存性が低下します。

f:id:hatarakitakunai30:20210422161231p:plain

f:id:hatarakitakunai30:20210422161243p:plain

 

<保管方法>

ネクトンは冷暗所で保存してください。

冷蔵庫で保管すると、出し入れするたびに結露が発生し、すぐに傷んでしまします。

冷蔵庫での保管は避けた方が良いです。

 

遮光密閉容器の中に乾燥剤と一緒にネクトンを入れて

・直射日光が当たらない

・涼しい

・湿気が少ない

場所で保存するのがおすすめです。

 

遮光密閉容器

 

乾燥剤

 

キッチン用品として販売されていることが多いと思います。

ネクトンを1つだけ保存する場合は、この方法がおすすめです。

 

我が家では、その他の鳥用品をまとめてドライボックスに乾燥剤を一緒に入れて保存しています。

ドライボックス

 

ネクトンは開封後2~3カ月で使い切りましょう。 

傷むと変色します。変色に気付いたら使用を中止してください。

 

 

かかりつけの病院で小分けにして販売していれば、そちらを利用した方が無駄にしなくてよいですね。

 

最近は小分けにされた商品も販売されているようですので活用するのも良いですね。

 

ペレットとの併用は禁止【ビタミン過剰症のおそれあり】

ペレットとネクトンを併用するとビタミン過剰になり、鳥さんの体に悪影響を及ぼすおそれがあります。

 

シード食の場合、ネクトンSでビタミンを補っていることが多いかと思います。

 

ペレットへの切り替え真っ最中はシードとペレットの食べている割合を見ながらネクトンの量を減らしてあげてください。

 

ペレットを食事の8割食べるようになったらネクトンを併用するのは辞めましょう。

 

脂溶性ビタミンは摂りすぎると体に害を及ぼすのでご注意ください。

 

水溶性ビタミンはたくさん摂取しても余分な分は体から自然と排泄されますが、脂溶性ビタミンは摂りすぎると体の中に蓄積してしまいます。

 

脂溶性ビタミンとはビタミンAやビタミンD3のことです。

どちらも、過剰症による症状が出るおそれがあります。

  

まとめ

ネクトンはシード食の鳥さんには必須の栄養補助食品です。

使い方や保存方法に注意して、鳥さんが長く健康でいられるようにうまく使ってあげてくださいね。